My 3rd Life

それまでの私、こどもと私、これからの私。

学童期最大のイベント来たる

早くもやってきてしまった。

まだまだだと思ってたのに、三連休が終わったと思ったら、もうか。

来たか、夏休み。

 

今日は幼稚園の終業式、明日は小学校の終業式。

このブログ、土日以外の平日は毎日書いて、1か月程経ち、まだまだ当初書きたいなと思ってた事も全然書けてないんだけど、夏休み中は時間がないので、お休みします。

 

ブログを最優先にすれば書けるだろうけど、そうすると他の事にシワ寄せ来ちゃうので、、、

子育て最優先、ちょい仕事がその次、で育児ブログ(これは育児の一環として書いてる)も書いてるので、、趣味のブログまでは無理だわ。

家事滞る。

 

夏休み、うるさくて暑くて三食食べさせなきゃならなくてまだまだ遊びにも付き合わないとだけど、実は結構楽しみだったりもしてる。

今年の夏も、童心に返って、子供と一緒に弾けるぜ!!

 

という訳で、新学期に、また。

  

 

 

 

 

連休明け諸々

3連休は家族で旅行行ってました。

 

酒屋さんに入ったら、そこの赤ちゃんがめっちゃ泣いてて、恐らくお母さんが私の会計してる間、お祖母ちゃん(多分)があやしてたんだけど、なかなか普段お目にかかれないサイズの赤ちゃんだった事もあり、赤ちゃん欲が再燃して困った。

赤ちゃんというのは本当に麻薬のように?甘美なもので、つい欲しくなっちゃうんですよね、、

旦那にはもうダメだって言われてるし、自分でももうないと思ってるけど、間近で見ちゃうと、やっぱり欲しいなぁって思ってしまう。

というか、もう私はあんな風に泣き喚く赤ちゃんを腕に抱く事はないんだなぁって思うと、切ない。

まだ2nd Lifeステージに戻りたいのかな、自分。

(いやいやいやいやないわもうない)

 

釣り、釣り、釣り、釣り、海水浴、釣り、釣り、釣り、という旅程だったんだけど、初日は完全にダウンしてホテルのロビーでチェックイン時間まで寝てて、その後も部屋で寝込んでました。

すっごいお腹痛くて、吐き気と、あととにかく眠気(の割には寝れないんだけど)、一体何なんだろう、そもそも治るのかなと思ったけど、2日目からは普通に旅行を楽しめました。

もちろん子供達がこんなに楽しみにしていなければ、中止にしたと思うけど、この旅行を凄く楽しみに指折り数えてたので、母の体調不良で中止、にはどうしても出来なかったのでした。

「今日寝て、あと3つ寝たら、りょこう??」

うーん、今日寝て、あと4つ寝たら、かな。

「え~! あと1回寝て、もう1回寝て、もう1回寝たら、旅行だね!!」(←違う)

 

行先が島で、島には常在の医者が居なくて病状が悪化したら海上タクシーに乗って救急搬送って言われてビビったけど、寝込んでたら治って、本当良かったです。

 

んで今朝早朝、PC開いたらメールサーバーに異常があって焦った・・・

何故か1つブラックリストに載ったらしく、解除依頼したらすぐ治ったんだけど、それが三連休の初日の午前中からだったみたいで、随分メールが溜まっていた、、

あぁでも一般的な始業時間に間に合って、よかった!!!!

 

にしても、こんな滅多にない災厄が続くなんて、おかしい、気を付けよう。

もしかして、もうすぐ夏休みというのが一番の災厄かも??!(^^;)

 

 

 

 

ソロバンから派生する記憶力の話

何度も書いてるが、私は理系で、大学では理学部で数学を専攻した。

大学に入って驚いた事の1つに、周りの皆が異常に計算が早くて正確というのがあった。

私もずっと成績は良かったし、一度小学生の時に計算のテストでひどい点数を取ってショックだった事があった時、めっちゃ計算ドリルを復習して計算力を付け、その後も計算力が衰えないよう、機会あれば積極的に手計算する様にしてて(今でも、なるべく電卓を使わないようにしてたりする)、今でもそれなりの計算力を保持してると思うけど、彼彼女らはレベルが違った。

とにかく計算が早いのだ。

しかも、無駄な数字の羅列とかを覚えるのも早い。

人の電話番号を覚えちゃう人の多さに驚いた。

 

聞くと、多くの子が、ソロバンをやっていたと言う。

なるほど。

私は転勤族だったし、大学は家から離れたくてそれまで住んだことがない土地を選んでたため、地域差もあるんだろうが、どうやらソロバンを習ってると、大きくなっても、計算が早くて正確なようだ。

かくゆう旦那も小さい頃ソロバンをやっていて、計算が早い。

特に桁の多い計算は私よりずっと早くて瞬時で出て来るので、旦那は完全に文系で直感で生きてる派なのだけれど、計算を伴う会話を傍から聞いてたら、絶対旦那の方が頭脳派に見えると思う。

そう、計算が早いだけで頭良くみえるし、しかも生活上何かと便利なのだ。

仕事の話の途中で具体的な数字が出て来る事も多いと思うが、瞬時で数字が出て来る旦那は、まるでデキる人に見えると思う。

 

で、結婚して子供が出来る前から私は、絶対子供にはソロバンを習わせたいと思っていた。

願いが叶って嬉しい、、、が、長女はテストでも計算ミスが多く、計算も早くないし、ソロバンを習ってても、全ての子が大学時代の私の周囲の人の様になる訳ではないようだって事も、分かってきたけど。(^^;)

 

ただ、数字の羅列を覚え易くなるってだけでも利点はあると思う。

なんだかんだ言って、いちいちメモや資料をみなくても数字を覚えてると、便利だ。

会社員時代、凄い仕事出来るなと思ってた人が、パスワードをどれも覚えてたのを見た時は、やっぱそうだよな、と思った。

英字が混じると数字だけよりは憶えやすくはなるが、数字をキチッと記憶するのはなかなか難しい。

でもそれを、ソロバンの珠のイメージで記憶させる事が出来れば、楽だと思う。

 

ちなみに私は数字の羅列を、五線譜の音符のイメージで覚える。

なので年号を覚える時には、近代は大体低音から始まる線の繋がりになる。

例えば1978年なら、低音から急に高音になり、少し下がってまた上がる、という線。

大体のイメージなので細かい数字を覚え間違う事はあって、これがソロバンの珠ならキッチリ覚えられそうに思う。羨ましい。

 

ただ、実際ソロバンの珠のイメージで覚えてる子には会った事ないから、私の勝手な想像ではあるのだけれど。

携帯番号を覚えちゃう子が多かったので、いちいちどうやって覚えてるのか聞いてみたところ、いやいや数字のまま覚えるって子も居たけど、携帯のキーボードに並んでる数字の順(押す順番を一筆書きみたいに)って子も居たり、数字以外の何かに置き換えてる子はやはり多かった。

 

昨今の流行りなのか、私たちの時もすでにそうだったけど、理解力や展開力に比べて暗記力というのは軽視されてるように思う。

テストの点なんて、頑張って努力して、記憶さえすれば取れるという認識が蔓延しているし、もちろんかなり当たってはいるけれど、成績上位者の多くは、記憶する事に実はそんなに労力を払っていない。

憶えるためのコツを身に付けてるのだ。

 

うちの子達、漢字が難しくてこんなの覚えられない、と文句を言う。

そういう時私は、物語を作れと言うようにしている。

こじつけでもいいから(そもそも漢字はそういったストーリーを作るのに適しているし)、形以外に記憶に残す手掛かりを探せと。

画数を覚えとくだけでも大きな手掛かりになる。

右脳に漢字のイメージで記憶出来る子は特別な子で、我々凡人は、そこに一手間掛ける必要があるし、毎回その作業をしていると、いつの間にか自然と、大してコストを掛けずに、紐付け作業が出来るようになる。

 

記憶力が強いと、実生活ではかなり便利だ。

歌ひとつ歌うにしても、子どもの前で、え~っと、なんだっけ、あれ、歌詞なんだっけ、ばかり言ってては格好悪いし。

ただ、特に好きでもない子の好みとかしつこく覚えてて、そんな事まで覚えてるなんて俺の事好きなのかなと誤解される事があったり、あんまり覚えてると気味悪がられる事もあるので、覚えてない振りする必要性も逆にあったりするけど。(^^;)

 

 

 

多分筋トレじゃない

長男がモテたいらしい。

1、2年生の頃から既に、男児間でも、好きな子誰?みたいな会話は振られるそうで、でもよく分からない、とか答えてたらしいのだが、やっぱり聞かれたり友達の好きな子を聞いたりしてるうちに触発される様で、今はこの子が好き、という子がクラスに居るらしい。

で、その子はモテる子らしく、誰に聞いても、その子がイイ、と言うのだそうだ。

あぁ、そうだよね、小学校の頃って、モテる子はホントにモテるもんね、、

てかでも全員その子が好きって状況は極端かなと思うけど。

正直まだよく分からないけど、みんながイイって言う子なんだって思って意識したら好きになってた、みたいな、伝染病の一種なのかな。

 

で、モテたいから筋トレをすると言うのだ。

色々おかしい。

まず、何故筋トレをするとモテると思ったのか、聞いてみた。

どうやら、今日遊びに行かせて貰った友達が、お父さんと一緒に筋トレをやっていて、腹筋が割れてるらしい。

で、筋トレするとモテるぞと言われたらしいのだ。

その子のお父さんとは、公園で会った事があり(そちらは親子で、というかお父さんの方が熱心にポケモンGOをしていた・・・まぁうちらもしていたが)、確かにマッチョで、よそのお母さんにも躊躇なく話しかけられるフランキーなタイプだ。

奥さんとは学校の役員を一緒にやった事があるが、見た目フェミニンで可愛らしいけど、しっかり気が強く、なかなか落とすのは難しそうである。

きっとお父さんは恋愛上手なのだろう。

 

で、恐らくその子はお父さんに、筋トレするとモテるぞと言われてて、それをそのまま長男に言い、長男は筋トレだ!と思ったようだ。

なるほど。筋トレ自体は悪い事じゃないけど、(特に小学生における)モテを考えた時には、サブ要素にしかならないような・・・

ちなみに、その子はモテてるの?って聞いたら、モテてはない、という回答。

ちょっと待て。

じゃ、モテてるのは誰なの?モテてる子が何でモテるのか分析しよ。

うーん、一番モテるのは、〇〇。大体女子は〇〇が好き。

あ、そーなんだ・・・じゃ〇〇君は何でモテるんだと思う?

優しいから。

あぁ、〇〇君優しいよね!(幼稚園が一緒で、よく母子と共に遊んだから知ってる)

なるほど、じゃモテる為には筋トレじゃなくて、優しさが大事なんだって事が分かったね、、(^^;)

 

ちなみにお姉ちゃんとこは、モテる子はどんな子?

うーん、やっぱり優しいかなぁ・・

そうか。うちらが小学生の頃は、足の速い子がモテたものだけど、今は優しい子なのか。

ちなみにお姉ちゃんの学年も、モテる子は集中してるらしく、お姉ちゃんの友だちもみんな、同じ人が好きらしい。

そっちも?そこまで極端なの?

 

あぁでもお姉ちゃんは実は、引っ越す前の学校で好きだった、ある男の子が事が今でもかなり好きらしく、一番好きなのは、その子らしい。

いや~、分かる、分かる。彼は大人になっても、絶対モテるタイプだ。

お父さんは夜、バーか何か自営してて(公園に付き添いで来てたお祖母ちゃんに聞いた)、学校の集まりでは見掛けた事ないけど、そのお祖母ちゃんがもう凄い高齢なのに粋と言うか恰好いいお祖母ちゃんで、このお祖母ちゃんとあの孫ならお父さんはソレ系だろうなと予想付く。

でもね~、あのタイプは付き合ったり、ましてや結婚するには向いてないぞ?

気まぐれで自分の好きな事しか出来ないタイプ、魅力的に見えるし実際、恋人同士になるまではすっごいドキドキして楽しいと思うけど、釣った魚に餌やらないぞ?

 

 

 

先物取引の話

先週の記事書いてた時に、そもそも何でネット証券口座開いたんだっけな~と記憶を辿ったら、そういえば最初は、先物取引をしようとしてたんだって思い出した。

懐かしい。

大学の1年生だったんだけど、バイトを3つとか掛け持ちしてて、でも仕送りあったし使う暇ない事もあって、お金も大して使わず貯金が溜まる一方で。

前に書いた、その後2年付き合ったやけに意識高い彼氏(当時はまだ付き合ってなかった)が株をやっていて、ついでに先物取引の話が出て、その3つのバイトのうちの1つは蕎麦屋さんだったんだけど(まかないが美味し過ぎてバイトとしては最長3年居た・・・最後の方は週1夕方3時間のみだったけど)、そこの店主が証券会社を脱サラして蕎麦屋を始めた人で、営業時間中(混んでない時間帯)に先物の営業の人が来る事があって、そこでも先物取引の話が出てたし(時期になると野球賭博の仲介の人も来てた)、その時の私には先物というのは旬なワードで、ちょっとやってみようと思ったのだった。

レバレッジが効くので危険な事も理解していたが、貯金のごく1部を使えば(最悪の事態が起きても貯金の範囲内で収まるように逆算して)問題ないと判断したし、胡散臭い、けど別に合法なら一寸やってみても面白そうというノリで。

後のYouTuberの人達の、やってみた、ノリと一緒な感じで。

 

蕎麦屋の店主には絶対に止めとけと言われたのでそちらの筋を頼る事は出来ず、その後に付き合う事になる彼氏に相談したら、弱小証券会社にコンタクトを取って営業の人と会う段取りを付けてくれて、しかも自分もその会合にアドバイザーとして参加してくれると言うので、向こうの営業の人2人と、4人で会った。

ただその、のち彼氏は、自分はその取引に関わらないし、面倒だから、偽名使いたいと言ってて、「そうだな、柿崎、柿崎って名前で呼んで」って言うので、その会合中、ずっと柿崎さんって偽名で呼んでた。

 

その会合では、もうそれ知ってますからみたいな説明を時間掛けて聞いた後、書類に判子とか押して、取引出来るように段取り取って、解散した。

相手の営業マン2人と別れた後、私はそれまでほとんど社会人と接する機会がなかった事もあり別に何とも思ってなかったけど、柿崎(仮名)氏は、ホントに使えなさそうなのが来たな~喋ってない年配の方なんて、途中ほとんど寝てたよね?先物の営業マンひどいな~って言ってた。

 

そんで、銘柄どうしようかな、季節物みたいのがいいかな、下がる局面でも買える(売れる)って便利だな~とか考えつつ数日過ごしてたら、その冴えない営業マンから電話掛かって来て、未成年だから後見人が居ないと取引出来ない、柿崎さんに後見して貰えないかと連絡来て、結局柿崎(仮名)は俺はならないと言うし、その話はそこで頓挫した。

電話で遣り取りしてる時、「柿崎さん、柿崎さん」って相手が連呼してて、もちろんこっちも柿崎って言ってるんだけど、ホントは全然柿崎じゃないし、しかも相手は多分柿崎氏を結構年上と思ってるみたいで(喋り方とか凄いおっさんっぽかったから)、そのちぐはぐさが可笑しかった。

誰だよ柿崎。

でその未成年だから・・・って話を、当の柿崎氏にしたら、何で営業マンなのに未成年出来ない事知らないんだよって呆れてた。

 

後に付き合う様になってから聞いたら、その時は、最初少し儲けさせて調子に乗らせた後、少し大きく損させて、社会勉強させようと思った、と柿崎(仮名)氏は言っていた。

 

で、株なら未成年でも売買出来るって事で、それで株をする事にしてネット証券口座を開いたのだった。

結局いくつか株を買って、そんなのもいいかなと手を出した2部上場株が、下がり続けて最後は消滅するという勉強代を払いつつ、結局相場を見たり色々考えるのが面倒だし、タイミング考えてソワソワして他の事が手に付かなかったり、私には株の売買は向いてないなと思って、もう途中からは年金代わりの投資信託だけしかしなくなった。

結婚して、家を買うタイミングで、全部現金にしたんだけど、その時円安だったかで海外資産が上がってて、勉強代分は十分回収できた。

結局個人が細々とやるなら、まず消滅しない銘柄を、とにかく長く保有し続けてれば、損はしないと思う。

あくまでも余裕資金で、使う予定のないお金の範囲内で。

使う期限が決まってると、下がってても現金にしなきゃならなくて、損する可能性があるけど、相場や為替は必ず変動するので、期限のないお金なら、下がってたらそのまま保有してればいいだけだから。

だし現金で持ってると、理論上はその価値は減少して行っちゃうしね。

まぁこんなの、わざわざ書くまでもなく、常識の範囲内だとは思うけど。

 

  

 

 

  

 

 

運動会のリレーの話

先日、運動会アンケート回答結果というプリントを、子供が小学校から持ち帰って来た。

去年は書いたのだが、結局子供に持たせたアンケートを子供が提出しないまま期日後にランドセルから出て来たという事もあり、今年は書かなかったのだが、他の親御さん達はどんな事書いたのかな~と思ってサラっと眺めてみた。

大体当たり障りのない内容だったが、最後に、”リレーの選手選出についての意見も多く頂きました(具体的な内容については記述なし)、ご協力ありがとうございました。”で終わってて、ああ、確かにあのリレー見て、やっぱり思う所ある親は多かったんだろうな、と思った。

 

うちの子達はスポーツは自称得意であるが、そこまで突出してはいないようで、長女も長男もリレーの選手になりたかったのだが、タイムで負けて2人とも出れなかった。

紅白対抗リレーはやはり盛り上がるし、今年は敬老テントの隣に幼児テントというものが新設されてて、幼児連れの私たちはその幼児テントで観覧する事が出来、今年の運動会はとても楽に観覧出来た事もあり、主人と1人ずつ双子の膝に乗せ、観覧していた。(午前中はこのテントの存在に気付かなくて、午後からだが)

次リレーだよ、ねぇねもにぃにも出ないけど、凄く足が速くて恰好いいよ、と双子に呼び掛けて観覧してたのだが、最後の6年生の白組男子アンカーがめちゃめちゃ遅くて、赤組に1周遅れでゴールしたのだ。

全然盛り上がらないし、会場全体に、なんだこりゃみたいな雰囲気が流れたけど、さすがにそれを大きく声に出して言う人は居なくて、その後も普通に運動会は進行した。

さすがに旦那は私の隣で、なんで彼がアンカーなの??なんでリレー選手なの??って言ってたけど。

 

運動会後、長女に聞いたら、リレーの選手は希望制とのこと。

なりたい子が立候補し、立候補した子が走って、タイム順に決まるのだそうだ。

件の選手は自クラスではないので詳細は分からないけど、他に希望する人が居なかったのじゃないの?との事だった。

長女は、だってさ、出たくないのに出させされるのって、おかしいよね?って続けたので、私はそこで、いやそれは早い子が出るべきだ、と受けた。

 

学級委員あるよね?学級委員って、どんな子がなるの?

凄く忘れっぽい子や適当な子がなると、困るよね?

今年ママは子ども会の会長してるよね?

ママが学校や子ども会で役を引き受けるのは、パソコンが使えて、実務能力が高い事を自分で知ってるし、(パパのおかげで)仕事する必要がなくて時間も自由になるから、自分が引き受けるべきだと思って、やってる。

もちろん〇〇(娘の名前)に、そういう風に、自分の所属するクラスとかの人の集まりで、進んで役割を務める子になって欲しいから、背中を見せたいと思って、教育上の考えからやってるって事もあるけど。

出来る人が、出来る事をやっていかないと、社会ってよくなって行かないよね?

能力が高い人が任を負うのは当たり前、だからリレーは足の速い子が出るべきだ、と。

 

長女は、何か自分が責められたと思ったらしく、言い訳めいた事をごにょごにょ言ってたけど、私の言いたい事は伝わったようだった。

もちろん他の意見もあるだろうし、偏った意見かも知れないけど、子どもには、こう伝えたい。

 

ただ、このリレーには後日談があり、どうやら件のクラスは、男子2名選出のところに3名の希望があり、足の速い2名が選手として決まってたのだけれど、1名が当日欠席で、補欠のその3番目の子が走る事になったそうだ。

なるほどその子が休まなければ、例年通りの接戦のリレーだったのかも知れない。

それにしても、足の速い子が2人しか立候補しないってのもどうなのかなと思うけど。

6年生ともなると、落選や補欠は恥ずかしいと思ってしまうのだろうか。

単にリレーなんかもう興味がないだけなんだろうか。

補欠の子が走って周回遅れになるのを見て、クラスで3番目に足の速い子は、何を思ったんだろうか。

というか、その補欠の子が、遅くても一生懸命走ってれば、誰も何も思わなかったのかも知れないけど、、、

完全にジョギングみたいにゆっくり走ってたからね、、一体何だったんだろう。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

借主にそこでは出て来て欲しくない話

他の方のブログで、競売物件の内覧写真を見て。

前に一軒家を賃貸してた時の事を思い出した。

 

その家はもともと旦那が家族と住んでた家で。

お義父さんはもう早くに亡くなり(おかげでローンは保険から支払われ完済となっていたため、旦那が会社を始める際担保になり得た)、お義母さんも別の場所に住んでいて、他の家族は嫁いでたりで空家にしとくのもって事で賃貸し、管理は旦那が主にしていた。

最初の借り手が1年位(2年位だったかな?)住んでくれた後、募集を出してもなかなか決まらず、でも半年ほどで次の人(夫婦)が決まり、良かったねみたいな感じで、1年程は普通に家賃払ってくれてたのだけれど、徐々に支払いが遅れたり、滞納したりするようになった。

間に管理会社が入ってるんだけど、家賃は直接うちの口座に借主から振り込まれ、その入金を確認するのは私の役割だった。

予定日に入金がなければ、私がそれを旦那に伝え、旦那が担当者に連絡してたのだけれど、それが頻繁になって旦那も面倒になったらしく、じきに、滞納があったら、私が担当の人に連絡するようになった。

担当の人はいい人だったし、借主も滞納を申し訳ないと感じてくれているらしく、〇〇には払えます、とか一応回答あり、遅れながらも払ってくれてたのだけれど、それもどんどん遅れ、最後の方は完全に滞納状態だった。

どうやら、夫婦だったのだけれど、途中から不仲になり、旦那さんの方はもう家を出て別の場所で暮らしてて、奥さんだけが家に残ってて、奥さんは行くアテもないし、お金もないしで居座っている、という状態のようだった。

 

旦那は借主さんに同情はしつつも、怒ってて、ていうか今や貸したのと違う人が住んでる状態で(借主は旦那さんだから)、私も何だかな~とは思ったけど、正直、その家賃がなくても私たちは十分暮らしていけるのに、お金なくて困ってる人に家賃や退去を催促するのは気が進まなかった。

例えば、私たちが家賃を放棄し、無料で住まわせてあげる事だって出来るのだ。

ビジネス的に言えば私達に非はないのだけれど、よく漫画とかドラマとかで、家主さんは悪徳顔で描かれるけど、長く家主して催促とかしてたら、人相は歪むだろうなと思った。

(なので今も賃貸物件を(旦那が)所有し、私がお金の管理をしているが、物件や入居管理は完全に中間の管理会社にやって貰っていて、お金のやり取りもこの管理会社とのみ行っている。)

 

私が、もう催促するような事を担当の人に伝えるのは辛いと旦那に伝えたら、既に賃貸状況としては末期だった事もあり、後は俺がやると旦那が一切を引き受けてくれた。

で、旦那と担当者と借主とで何度か協議(旦那と借主が会う事はなく、旦那と担当者、担当者と借主、という遣り取り)した結果、何とかその奥さんは退去してくれて、でも家の中がごちゃごちゃでかなり大変な事になってるって事で、次の借り手を探すにしても家の中を整えないとならないし、一度中を見に行こうって事になった。

(微妙に遠くて、物件までは自宅から車で1時間程掛かる)

 

到着し、確か秋だったんだろう、お義母さんがかつては綺麗に整えてみえたであろう庭は落ち葉だらけで、でも雨戸が全面閉まってて中の様子は分からず、まず旦那が中に入り、私は子どもが居たので、玄関先でとりあえず子どもと待っていた。

「うわ~、凄いなぁ、」とか言いながら奥の台所まで行ったところで、異変発生。

「居たんですか!!」という旦那の声と共に、「ママ、外で〇〇(娘の名前)と出て待ってて!」と言われたので、玄関から慌てて出た。

旦那が後で言うには、これは子どもに見せちゃいけない場面だと思ったらしい。

 

何とまだその入居者の(元)奥さんが潜んでいたのだ。

相手は土下座しながら出現したそうで、まず奥さんが居た事に旦那は驚いてたが、土下座という行為にも驚いていた。

さすがに土下座してる人を前にしては、怒れなくて、その日は何か優しく説教したらしいのだが、びっくりしたし、土下座なんてされる機会ないよね?人生で初めてって言ってた。

ていうか、もうホラーだよね、私がその人に最初に遭遇したんじゃなくて、本当に良かった。

 

で、また担当の人と借主の元奥さんとで遣り取りして貰い、もう大丈夫完全に退去したって事で、再び見に行って、私はその時に初めて中を見たんだけど、確かにスゴかった。

1階の一番広い部屋は家具だらけ。それも何故か、テーブルの上に別のテーブルが逆さまに(脚を上に向けて)置かれてたり、電気を取り換えたみたいなんだけど、前に付いてた電気がそのまま下に置いてあるし、と言う風で足の踏み場がない。

比較的大型の家具が散らばってる感じなので、隙間を縫って歩けない事もないかもだけど。(足を踏み入れようとは全然思わなかった)

2階も似たような感じで、部屋の中の全ての物を例えば壁際に寄せてしまえば、それなりのスペースが取れそうなのに、わざわざそれを部屋中に分散させていて、何ていうか、随分かくれんぼに適した物の配置だな、というか、部屋の中央の日本人形が不気味だったり。

台所は比較的散らかりが少なくて、前回旦那遭遇時が台所だったし、台所で主に過ごしてみえたのかなと思うけど、もちろん決して綺麗ではなかった。

冷蔵庫を開けるのは怖かったけど、同行してた義母が開けてくれて、中はあんまり入って居らず、めっちゃ汚いという事はなかった。

カビだらけだったり、溶けた野菜とか出て来たらどうしようと思ったけど、そんな事はなく、蓋の閉まってないバターみたいのとか、消費期限の長いのが無造作に置かれてる感じだった。

大型家具の量と配置がおかしかったけど、ゴミだらけとかそういう不潔さはあまりなく、臭いもないし、その辺は助かった。

 

にしても旦那も、一日中家に居て、めっちゃ時間あったハズなのに片付けは出来ないってどうかしてるよね、こないだ会った時、ずっと謝ってたけど、悪いと思ってるなら、せめて家を片付けておくとか、出来ないのかなぁって呆れてた。

確かに毎日、一体何してたんだろう??

私たちはきっと甘い大家で、時間を掛けて対応してしまったけど、ひょっとしてそれは彼女に無為な潜伏期間を与えてしまっただけで、むしろもっと早く出て行って貰うよう働きかけた方が、彼女のためだったのかも知れない。

(でもあんまり強硬に出て、報復とか怖いよね、、家を破壊されても困るし。)

 

業者さんに見積もりに来て貰い、結局10万ちょっと(15万はいかなかったと思う)で全て撤去して貰い、もう賃貸はこりごりだし、今回家の中の様子を見て、どうしても売りたくないと言ってた義母も気持ちを替えてくれたらしく(そりゃお義父さんと建てた家だもの気持ちは分かるし、旦那だって、夫婦なら大事に住んでくれそうだなと貸したのだけれど)、売却する事になった。

 

片付け業者さんに見積もりに来て貰う際、相見積もり取るため待ち時間があり、家の中で待ってた時に、玄関の靴箱の中に素敵なサンダルが並んでて、どれも綺麗だったので、私が貰って、しばらく履いてた。

私は全然疎いんだけど、旦那ブランドとかも詳しくて、これ〇〇だ、高いよって言ってて、お金なくて家賃は払えないのに、こういうブランド靴とかは買って靴箱に並べちゃうんだね、バランス狂ってるよねって言ってた。

 

ちなみにその後旦那は、逃げちゃってた元旦那さん(借主)相手に調停だか何だかして、滞納家賃や家具撤去費用などの実費を、月5万ずつ(だったかな?)の分割払いで全て支払って貰ってました。